基本の鶏そぼろ

3099
甘辛くてご飯のお供にぴったりな鶏そぼろは、「ヤマサすき焼専科」を使うことで手軽においしく作ることができます。ポイントは火にかける前に鶏ひき肉と「ヤマサすき焼専科」を合わせ、一度しっかりとなじませてから火にかけること。冷蔵庫で3~4日ほど日持ちします。
人数2人分
調理時間20分
カロリー(1人分)214kcal
塩分(1人分)2.8 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
鶏挽き肉(もも)150g
ヤマサすき焼専科大さじ5
こしょう少々

作り方

  1. 火にかける前の鍋に鶏ひき肉を入れて、「ヤマサすき焼専科」を加える。
  2. 箸4~5本を手に持って、鶏ひき肉にだまが残らないようにしっかりと混ぜ合わせる。
  3. 鍋を中火にかけ、箸4~5本を手に持って鍋の中を混ぜながら火にかける。
  4. 鶏ひき肉に火が通って色が変わりはじめたら混ぜる手を早め、ひき肉がかたまりにならないように火を通す。
    鶏ひき肉がかたまりはじめたときに、箸でしっかりと混ぜてぽろぽろに仕上げるのがポイントです。4~5本の箸を鍋の中でまわしながら切るように混ぜることで、かたまった状態で火が通ってしまうのを防ぐことができます。
  5. 鶏ひき肉に火が通れば混ぜるのを止めて、出てきた汁気をとばす。時折混ぜながら、鍋底に汁気がなくなるまで火にかけ、最後にこしょうをふりかける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本の鶏そぼろ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop