鶏おでん

1862
おでんの具に鶏肉を加えることで、魚介の風味にコクのある鶏ダシがプラスされ、より食べごたえのあるおでんに仕上がります。「ヤマサ昆布つゆ」を使って簡単に作るレシピです。
人数2人分
調理時間約60分

味をなじませる時間除く

カロリー(1人分)519kcal
塩分(1人分)9.4 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
大根300g
鶏手羽元6本
こんにゃく1枚
ちくわ2本
さつま揚げ2枚
A
ヤマサ昆布つゆ100ml
800ml
ゆずこしょう適宜

作り方

  1. 大根は厚めに皮をむいて2cm幅の半月切りにする。鍋にかぶるくらいの水と一緒に入れて火にかけ、竹串がすっと入るまでコトコト火を通して取り出す。残りの熱湯に手羽元を入れて箸で軽く混ぜ、霜降りをしてからざる上げする。
  2. こんにゃくは三角に切り、塩小さじ1(分量外)をまぶして5分おき、さっと下ゆでして水気を切る。ちくわとさつま揚げは2~3等分に切る。
  3. 鍋にAを合わせて沸かし、STEP1とSTEP2の具材を入れる。沸いたら火を弱めて30分ほど煮る。
  4. 火を止めて1時間以上そのまま味をなじませる。食べる直前に火にかけて温め、器に盛りつけ、お好みでゆずこしょうをそえる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「鶏おでん」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop