焼あごだしつゆの博多風雑煮

あごだし、ぶり、かつお菜、丸餅を使う博多雑煮。「ヤマサ 焼あごだしつゆ」を使用し、かつお菜のかわりに小松菜でアレンジした雑煮です。海老やかまぼこなどもいれ、華やかに仕上げましょう。
人数4人分
調理時間20分

(干し椎茸を戻す時間を除く)

カロリー(1人分)172kcal
塩分(1人分)0.8 g
レシピ制作者柚木さとみ
材料
干ししいたけ(小さめのもの)4枚
ぶり1切
かまぼこ4切
えび4尾
小松菜1/4束
にんじん4切(輪切り5mm厚さ)
柚子(皮)少々
丸餅4個
A
ヤマサ 焼あごだしつゆ40ml
600ml
ぶりは刺身用をさっと湯通しして使うのも手軽でおすすめです。

作り方

  1. 干し椎茸はひたる程度の水につけ冷蔵庫で一晩もどす。ぶりは骨を除き4等分し、塩少々をふっておく。えびは殻付きのまま背ワタをのぞきすすぐ。にんじんは皮をむき梅の型で抜き、ねじり梅に飾り切りをする(抜いたまわりもとっておく)。
  2. 具材の下ゆでをする。鍋に塩少々をいれ、小松菜をいれてゆでる。ざるにあげ扇いで冷まし、水気を絞り3〜4cm長さに切る。同じ鍋に酒少々を加え、ぶりを下ゆでする。続いてえびを殻ごとゆでる。中まで火が通ったら冷まし、尾を残して殻をむく。
  3. 鍋にAと干し椎茸の戻し汁(50ml程度)、にんじんをいれて火にかける。沸騰したら中火にし、にんじんが柔らかくなるまでゆでる。かまぼこと軸をのぞいた干ししいたけをいれ、あたためる。
    干ししいたけの風味が強めなので、生のしいたけを使用しても。その場合は軸を除き、にんじんと一緒に火にかけて火を通します。
  4. 器に梅型に抜いた残りのにんじんをいれ、やわらかくゆでた餅をのせる。ぶり、かまぼこ、海老、小松菜、干ししいたけ、梅型の人参を盛りつける。熱い汁を注ぎ、柚子の皮をのせる。
    梅型に抜いたにんじんの残りをしくことで、餅が器にはりつくのを防ぎます。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「焼あごだしつゆの博多風雑煮」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?