基本の鮭の和風ムニエル

鮭に塩をして小麦粉を薄っすらまぶし、フライパンでこんがりとソテーする鮭のムニエル。レモンバターじょうゆを合わせるレシピで、ごはんにもばっちり合う和風版です。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数2人分
調理時間15分
カロリー(1人分)272kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
生鮭2切れ(200g)
レモン(8等分くし切り)3つ
小麦粉大さじ1/2ほど
サラダ油小さじ1
A
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ1
バター10g

作り方

  1. 鮭は両面に塩(分量外)を薄く全体にふりかけ、5分おく。
  2. 小麦粉を鮭全体にまぶし、余分な粉は落としておく。
  3. フライパンにサラダ油を中火で熱し、皮目を下にして鮭を入れる。火加減を少し弱め、皮目をじっくりと焼く。焼き色がついたら裏返し、反対側も同じように焼いて火を通す。鮭に火が通ればお皿に取り出す。
  4. 残ったフライパンにAとレモンのくし切り1つ分のしぼり汁を加え、混ぜながらさっと加熱して、レモンバターじょうゆを作る。
    レモンは食べる時に鮭のムニエルにしぼりかけますが、バターじょうゆを作る時にもレモン汁を加えることで、よりさっぱりとおいしく仕上がります。
  5. 先に盛り付けた鮭にレモンバターじょうゆをかけ、レモンのくし切りを添える。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本の鮭の和風ムニエル」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?