鮭の柚子ゆうあん焼き

手に入りやすい生鮭やトラウトサーモンといった切り身をしょうゆベースのつけ焼き(ゆうあん焼き)にします。柚子の香りをプラスするだけで、ぐっと上品さや味わいがアップするので、おせち料理の一品としてもおすすめです。
人数2人分
調理時間20分

(塩をなじませたり、たれに漬け込む時間を除く)

カロリー(1人分)199kcal
塩分(1人分)0.8 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
生鮭2切(200g)
柚子1/2個
A
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ1と1/2
みりん大さじ1と1/2
大さじ1と1/2
トラウトサーモンの切り身でも同じように美味しく作ることができます。

作り方

  1. 鮭は皮ごと1切を3等分に切る。塩(分量外)を両面に薄くふりかけ、30分ほどおいてなじませる。
  2. 容器にAを合わせて漬けだれを作る。柚子を皮ごと6~7㎜幅の輪切りにして漬けだれに加え、軽く果肉をつぶして香りを移す。
  3. STEP1の鮭の表面に出てきた水気をキッチンペーパーでふき取って、漬けだれに1時間漬け込む(途中何度か上下を返す)。
  4. 鮭を取り出し、魚焼きグリルの網に並べて強めの中火で焼く。ほぼ鮭に火が通ったころに、刷毛やスプーンを使って鮭の表面に漬けだれをぬる。1分弱焼いて、乾いたらまた漬けだれをぬる、これを4~5回繰り返して焼き上げる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「鮭の柚子ゆうあん焼き」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?