三日とろろ

425
「三日とろろ」は、お正月の3日目に、長寿や健康を祈願してとろろ汁を食べる風習です。山芋には整腸作用や滋養強壮作用があるとされることから、お節料理のご馳走に疲れた胃をいたわる効果もあります。
人数1人分
調理時間20分
カロリー(1人分)600kcal
塩分(1人分)1.6 g
材料
大和(山)芋100g
麦めし150g
うずらの卵1個
青のり適宜
50ml
ヤマサ昆布つゆ白だし大さじ1

作り方

  1. 大和芋は皮をむいて酢水にさらし、すりおろす。
  2. STEP1に水50mlと「ヤマサ昆布つゆ白だし」大さじ1を加えて混ぜ合わす。
  3. 器に麦めしを盛り、STEP1をかけて、うずらの卵の卵黄をのせ、お好みで青のりをちらす。
このレシピに対するコメント

とろろ汁を食べる風習は初めて知りました。つい飲み過ぎた後に、良さそうですね。

2017.01.10

「三日とろろ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop