さんまで!ねぎと梅でいただく さんまのたたき手巻き寿司

さんまと相性抜群な梅をねぎと一緒に! 刺身を粗くたたいた梅肉とあえ、手巻き寿司にするレシピ。梅肉だけを使用しており、他の調味料を使いませんので、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」の風味が際立ちます。 脂ののったさんまも、長ねぎと貝割れ菜を一緒に巻くとさっぱりといただけます。
人数2人分
調理時間15分
カロリー(1人分)499kcal
塩分(1人分)3.9 g
材料
さんま(刺身)2尾(100g)
長ねぎ1/2本
貝割れ菜1/4パック
梅干し大1個
すし飯320g
白いりごま大さじ1強
焼きのり4枚
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ適量
梅干は種を取って梅肉にする。

作り方

  1. さんま刺身は小角切りにし、梅肉を加えてさっくりあえる。
  2. 長ねぎは薄い小口切りにして水にさらし、水けをきる。
  3. すし飯に白いりごまを混ぜ、焼きのりにSTEP1、STEP2をのせて巻き、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」をつけていただく。
    あれば、花穂を添える。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「さんまで!ねぎと梅でいただく さんまのたたき手巻き寿司」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?