2018.04.25

いよいよスタート!リアル「粉もん道場」第一回<ご挨拶篇>

ヤマサスタッフが実現を熱望していたリアル「粉もん道場」がスタート!
今回は第一回目の様子をレポート☆
まずは『ご挨拶篇』から。

桜前線もあっという間に通り過ぎた、

4月14日の土曜日、

第一回「粉もん道場」が開催されました!

 

舞台は粉もんの聖地・大阪は、

ヤマサ醤油 大阪支社。

 

 

「粉もん道場」は、

粉もん大好きな12名の“門下生”のみなさまに参加いただき、

全4回にわたり粉もんの楽しさ・おいしさを学ぼうという企画。

 

毎回、粉もんのプロによる講義やデモンストレーションを通して、

その魅力を探っていきます。

 

まずは自己紹介タイム。

ヤマサ醤油 マーケティング部 部長の藤村さん。

「ヤマサ醤油は関東では強いんですが、関西ではまだ弱い。

関西のみなさまにヤマサ醤油を広めることが

私のミッションです!」と熱い心意気。

 

 

続いては、日本コナモン協会の熊谷真菜会長。

「だしツッコミ!」の文字が光る、

黄色のハッピがとてもお似合い♪

大阪の粉もんは、粉をだしで溶くのが基本。

そのおいしさを広めるため、日々精力的に活動されています。

 

 

そして、関西福祉科学大学教授の的場輝佳先生。

だしを科学的に研究されている、

その道の第一人者!

某長寿お料理番組にも出演されたことも・・・!

 

 

メンバー紹介が終わったところで、

藤村部長より

まずは「ヤマサ醤油について」のお話し。

 

 

初代・濱口儀兵衛が紀州から銚子に渡ってヤマサ醤油を創業した話し、

ヤマサのロゴマークの右上に小さくある「上」の字についてのエピソード、

また七代目・濱口梧陵が自らの財を投げ打って村人を津波から助けた

「稲むらの火」のなど、

思わず「へぇ~!」とうなずく知らない話しが色々。

 

ご挨拶篇の詳しい様子は、

コチラの動画からチェック♪

 

//~~~~~~~ //~~~~~~~
    Totop