2018.06.02

リアル「粉もん道場」第二回<宿題レポート(重ね焼き)篇>

リアル「粉もん道場」第二回、
まずは前回「重ね焼き」の宿題発表からスタート!

リアル「粉もん道場」第二回、

いよいよスタート~!

 

の前に、

まずは前回の宿題「重ね焼き」の発表タイム☆

門下生のみなさんが作ってくださった「重ね焼き」に、

日本コナモン協会の熊谷会長が講評してくださいました。

 

 

講評では、さすがプロならではのポイントが満載!

その中の一部をご紹介します。

 

Koji Toyodaさま

『ヘルシーを意識した、肉なしもやしたっぷりの広島焼風の重ね焼き』
熊谷会長より「もやしは水が出るので、仕上げる時に難しい時があります。

洗ったらザルでしっかり水気を切るのがポイント!」

 

たっちようこさま

『人生初の重ね焼き』
熊谷会長より「底がパリパリになるのを気にされてましたが、それが正解!
わたしはひっくり返して、両面パリパリに仕上げるのも好きです。」

 

nozommyさま

『我が家で育てた採れたて新玉ねぎとそらまめとブロッコリーを隠し味にした重ね焼き』
熊谷会長より「お好みは材料を選ばないんで、これからもゼヒ色々チャレンジしてください!」

 

門下生みなさんの宿題の出来の良さに熊谷会長も

「みなさん初めてなのに、とても上手に出来ている。

重ね焼きは混ぜ焼きよりも簡単で、

途中で形が崩れても仕上げでうまくまとめやすく

おいしくいただけるので、

ぜひ色々チャレンジしていただければ・・・!」と嬉しそうな笑顔。

 

また、会長おすすめの「ヤマサ昆布つゆ」の使い方についてもお話しが。
「昆布つゆは、

例えばサッと湯がいた野菜を水で割った昆布つゆをと一緒に

タッパーに入れとくだけで簡単にお浸しができて常備菜にもなりますし、

下味をつける時などにも便利。

また焼きうどんにかけるだけで、

昆布つゆが味をキメてくれる”だしツッコミ焼きうどん”もおすすめです!」

 

講評の詳しい様子はコチラからチェック★

 

//~~~~~~~ //~~~~~~~
    Totop