比内地鶏すーぷ じゅんさい仕立て

秋田の郷土料理であるきりたんぽ鍋を夏向けにアレンジ。スープはもちろん冷たくしていただいてもおいしいです。「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」のすっきりとした味わいが生きる逸品です。秋田のじゅんさいは旬以外でも夏に採れたものを特殊な冷凍技術で冷凍保存し、本来の生じゅんさいと同じ品質を保った状態で流通します。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)331kcal
塩分(1人分)4.2 g
レシピ制作者石川世英子
材料
比内地鶏もも肉200g
比内地鶏スープ500ml
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ3
大さじ2
みりん大さじ1
適量
きのこ(まいたけ・しめじ・しいたけ)150g
細竹50g
生じゅんさい100g
針生姜1かけ分

作り方

  1. スープを作る:スープをひと煮立ちさせ中火にし比内地鶏もも肉をひと口大に切ったものを加え入れアクをとりながら20分程煮て、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」、酒、みりん、塩で味をととのえる。
  2. 野菜に火を通す:きのこ・細竹を加え入れ2~3分煮る。
  3. 仕上げ:生じゅんさいは沸騰した湯にさっと通し冷水にとる。器に熱いスープを注ぎ入れじゅんさいをのせ針生姜を添える。
このレシピに対するコメント

秋田の親戚からじゅんさいを沢山いただいたばかり。早速、作ってみたいです。

2016.08.13

「比内地鶏すーぷ じゅんさい仕立て」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?