柿とくわいのつくね 甘辛柿ソース

くわいは、勢いよく芽が出ることから、日本では古くから縁起物として正月料理に用いられてきました。カリウムがたくさん含まれており、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きがあると言われています。また、かつおだしに含まれるイノシン酸には旨味成分が多く、それ以外にも免疫力を高めて風邪予防や花粉症の軽減にも効果があると言われています。これらの食材を使うことによって、いつもとは一味違ったつくね料理に仕上げます。
人数2人分
カロリー(1人分)364kcal
塩分(1人分)0.5 g
レシピ制作者月岡 薫
材料
つくね
鶏むね肉140g
合いびき肉140g
くわい40g
玉ねぎのすりおろし大さじ2
甘辛柿ソース
1個
かつおだし40g
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ特選減塩しょうゆまたはヤマサ鮮度生活 減塩しょうゆ10g

作り方

  1. つくね: 鶏むね肉を包丁で細かくたたく。(鶏ひき肉でも可) 合いびき肉を加えてよく混ぜ合わせる。
  2. 玉ねぎのすりおろしと、粗みじんに切ったくわいを加えて、しっかりと混ぜる。
  3. つくねの種を2等分にして、小判型に整える。
  4. 柿甘辛ソース: 柿の皮をむいてミキサーにかけるか、すりおろすかして、柿をペースト状にする。
  5. かつおだし、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ特選減塩しょうゆ」を加えて焼き上がったつくねを取り出したフライパンに入れてひと煮立ちさせる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「柿とくわいのつくね 甘辛柿ソース」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?